マイホームと資金計画 〜 家を建てるなら

MENU

マイホームと資金計画

 

マイホーム購入に向けて、計画をはじめるときに最初にぶち当たる壁は、資金面でしょう。資金と言っても、生活もしながら毎月貯蓄していくというのは、難しいものです。

 

資金をためるのは、よっぽどの覚悟と計画性がないとなかなか大変です。最近では、「毎月の家賃と同額でローンが組める」などと広告して客を呼び寄せる住宅メーカーもありますが、安易な考えで何の貯蓄も無くローンを組もうとすると、後で痛い目にあいます。

 

マイホームに限らず、ローン事故の多くは、多額の返済不能が一番多いです。住宅ローンは、家電や自動車などのローンと違い、20年、30年と長期にわたり返済があります。ですから、毎月のローン返済額が家族の収入と見合っていない場合は、当然生活が苦しくなってきます。

 

そして、ローンの支払いを延滞するようになると、いずれ返済ができなくなってしまいます。このように、ローン事故のないようにするには、借入額と返済額のバランスをとるというのが重要ポイントです。

 

資金計画を立てるときには、まず、自己資金額がどの位あるのかを確認しましょう。理想を言うと自己資金は購入価格のおよそ20%は必要です。公的融資(住宅金融支援機構・旧住宅金融公庫)等の融資を受ける際、借入額は原則、購入額の80%以内となっているからです。

 

ただ20%自己資金を貯蓄できたからと言って、マイホーム購入には諸費用や手数料、家具などのマイホーム購入後に出て行くお金もあります。ですので欲を言えば購入価格の30%位の自己資金を確保しておくと良いでしょう。

 

資金が無くても、頭金ゼロで購入できる家というのも最近増えてきています。金利や家賃の負担が馬鹿にならない現代においては、頭金ゼロでの計画も逆に得なケースもあるかもしれません。

 

ただマイホーム購入は一生に一度の大きな買い物です。資金計画は十分にし、決して周りに流されず、自分たちの「買い時」を見つけることが一番なのです。

 

 

↓↓↓ 一番金利の安い融資先を探してみる! ↓↓↓

 

http://step.jutapon.com/homeloan/

 

 

住宅ローン