マイホームと将来設計 〜 家を建てるなら

MENU

マイホームと将来設計

 

マイホーム購入には、将来設計が必要不可欠です。なぜ、それが必要といえるのでしょうか。マイホームを建てた後、家族が増えることもあります。子供ができたから部屋を増やしたい、両親との同居が決まって、2世帯住宅にしたいなどというときに、マイホームを購入してすぐにはなかなか対応できないものです。

 

何十年後にリフォームでもできれば、話は別ですが。大きく言ってみれば、前もって先を見越して、自分たちの老後までも考えていく必要もあるのです。バリアフリーを配慮して、玄関や廊下などを広くとっておいたりすることが、後になって役に立つかもしれません。

 

マイホームは、20年30年と住み継いでいくもの。永く快適に暮らしていけるように、子供の成長、家族の増減、両親との同居なども計画的に相談し合って話を進めていきましょう。家族の増減に対応するためには、「可動式間仕切り」を設置するという方法もあります。

 

「可動式間仕切り」とはパーテーションとも言われ、ライフスタイルやライフステージの変化に伴い、部屋の間取りを柔軟に変化できるよう、間仕切りを自由に移動したり取り外したりできるものです。

 

マイホームの間仕切りを移動したり、はずしたりできると、子供の成長に合わせて子供部屋を増やしたり、あるいは子供が自立した後は、子供部屋だった場所を新たに別の部屋にすることも可能になります。こういった変化に対応できるよう、間取り等も工夫を凝らすと便利ですね。

 

マイホームとは、何十年も住み継いでいくものです。いろいろなライフステージに合わせて、マイホーム作りを計画していくことも大事なのです。

 

 

 

↓↓↓ とりあえず資料を取り寄せてみる! ↓↓↓

 

http://lp.mochiie.com/promo/