マイホームと賃貸 〜 家を建てるなら

MENU

マイホームと賃貸

 

マイホームが夢という人のなかに、現在賃貸に住む人もたくさんいることでしょう。マイホームを建てる計画をしている理由の一つに、「毎月の家賃を支払うのがもったいないから」とあげる人も数多くいます。確かに、賃貸の場合、長年支払続けても自分の所有物には決してなりません。言ってみれば家賃は住宅の利用料なのです。

 

賃貸では、隣人や下の階の人に気を使うことや、キッチンなど所定の場所にあったものをリフォームしたり、好き勝手に移動することはできません。しかし、賃貸は所有物にならない代わりに、修繕費や家賃・維持費等が少ないのがメリットです。

 

その反面、マイホームは住むのも貸すのも自由です。自分の土地、所有物になるからです。内装や間取りなども、自分色に造りあげることが可能です。しかし、マイホームを購入したからと言ってメリットばかりではありません。

 

マイホームは、自分の所有物となる代わりに、すべてにおいて自分達で手配・修繕をしていかなければなりません。例えば、水道管の不具合や外観の壊れなど、住んでいる間には、さまざまな問題点が生まれてきます。そのような支出は、すべて家計からの支出になります。また、一度建ててしまうと、引っ越すことも気軽にできないので、隣人や地域の人達との関係も重要です。

 

賃貸は大家さんの所有物なので、生活上での不具合などは直接大家さんに伝えると、修繕するなどの手配が可能です。賃貸は、何より初期費用や維持費なども少なくて済みます。引っ越しも状況に応じて可能です。

 

賃貸のままなら貯蓄を考えましょう

 

もう少し踏み込んでみると、住宅ローンには団体信用生命保険が掛けられています。万が一、その家の主がお亡くなりになられた時、持ち家なら住宅ローンはチャラになり、家族にはその住宅が遺産として残ります。

 

これが賃貸だったらどうでしょう?生命保険と遺族年金等で何とかやっていけるとは思いますが、ずっと賃貸の借家暮らしが続きます。残された配偶者が若いうちは良いでしょうが、いずれ働く事が難しくなった場合に年金から家賃を払う事になります。

 

そうなった場合には、子供の世話になるか施設に入るか?と言う選択肢を取らなければいけないかもしれません。マイホームは大きな買い物ですが、資産でもあるのです。

 

このように比較してみると、どちらも同様にメリットを持ち合わせていることがわかります。大切なのは、自分の将来設計に合っているかどうかです。安易にマイホームを考えずに、家族の将来設計にあわせて、検討してみてください。

 

 

 

↓↓↓ とりあえず資料を取り寄せてみる! ↓↓↓

 

http://lp.mochiie.com/promo/