マイホームローンの借入先 〜 家を建てるなら

MENU

マイホーム購入と公的融資

 

マイホームは、人生の中でも最も多額の買い物です。自己資金はもちろん、ローンの返済額も巨額が動きます。住宅ローンは、普段の生活で組むローンとは訳が違います。

 

住宅ローンは、20年、30年と長期返済をしていかなければなりません。資金計画は十分に行ってからローンを組むことが重要です。

 

マイホームのローンを組む前に、自分たちの資金、いわゆる自己資金はどれだけ用意できるのかを確認してみましょう。

 

自己資金はあればあるだけいいものですが、なかなか調達は大変です。最低でも、購入価格の20%は用意できるといいでしょう。何故かというと、公的融資の借入額は原則として、購入価格の80%以内とされているからです。

 

自己資金の確認ができたら、どこの融資が利用可能かを検討しましょう。どの融資を利用できるかは、人によって違ってきます。

 

利用できる融資が確認できたら、どこの融資を利用するかを選ばなくてはいけません。この融資選択を怠ると、金利が他の融資会社より高かった、借入額が少なかった、などローンを組んでからでは遅いトラブルが発生します。

 

マイホームの融資を選択する際には、一番有利な融資、すなわち一番金利が低いものを選びます。ですが、民間の金融機関などのローンは、変動金利ローンや、ローンの多様化もあり、現状の金利の低さで選ぶのは難しいといわれます。

 

一番利用しやすく固定金利で低金利といえるのは、フラット35でしょう。住宅金融支援機構が民間の金融機関に債権化して資金提供をしている制度です。年配の方には旧住宅金融公庫の公庫融資と言われるものと考えていただければ分かりやすいかと思います。

 

現在では金融機関と金融商品がたくさんあり、以前のように『住宅ローンは公庫、足りない分は民間』というケースが一概にいいとは限りません。幅広い商品を比べて最良の返済計画を探し当てましょう。

 

 

↓↓↓ 一番金利の安い融資先を探してみる! ↓↓↓

 

http://step.jutapon.com/homeloan/

 

 

住宅ローン