建売住宅のチェックポイント 〜 家を建てるなら

MENU

建売住宅のチェックポイント

 

建売住宅を購入の際には、ある程度の知識をもって見学に行かないといけません。建売住宅の場合、ほとんど建物は完成しているので、自分たちの目で構造体そのものを見ることができません。

 

耐久性や耐震性を見たいからといっても、いわれていることがきちんと施工されているかどうかを外観から判断することは、事実上不可能です。ですが、1点だけ簡単に建売住宅でもチェックできる方法があります。それは、床下です。床下の点検口から床下を覗いてみるのです。

 

建売住宅の床下点検口を覗いてみて、そこがゴミひとつなく掃除されていたら、その住宅は全体的にキッチリと施工されていると考えてよいでしょう。反対に、床下に砂や木くずなどが散乱していたら要注意です。かつ、コンクリートにひび割れがあったり、汚い部分があったりしたら、いい加減な施行がされていると思ってください。

 

他にも、天井裏もチェックポイントの一つです。天井裏を見て、断熱材がきちんと敷かれているかをよくみてみましょう。見るからに雑にしかれているなどしていたら、これもいい加減な施行がされてます。

 

建売住宅に上記のことをチェックするのは、なぜでしょうか。工事中の床下の掃除や、断熱材を敷くという作業は、大工さんがやっているからです。建築を担当した大工さんが、与えられた仕事をキッチリこなせる人なのかどうかは、そこにあらわれてきます。

 

その人の仕事に対する姿勢が如実に反映されるのです。もちろん、そこのチェックポイントだけでいい家か悪い家かを判断することはできません。他にも数々の項目があるでしょう。しかし、構造体が外から見える方法というのは、ありません。建売住宅を見学の際は、このチェックポイントを覚えておくと大変参考になりますよ。

 

 

 

↓↓↓ とりあえず資料を取り寄せてみる! ↓↓↓

 

http://lp.mochiie.com/promo/