新築住宅と中古住宅 〜 家を建てるなら

MENU

新築住宅と中古住宅

 

マイホームと一概に言っても、その選択肢は様々です。新築一戸建て、マンション、中古一戸建て、中古マンションなど色々あります。中でも、中古一戸建てを購入しようとする人も多いのではないでしょうか。

 

中古物件は、建物の築年数はもちろん、土地やリフォームにも目を向けていかなければなりません。中古一戸建てを購入する際、注意点やどのような計画を立てていけばよいのかをご紹介しましょう。

 

中古一戸建ては、安値で上質の家を探すことです。中古物件は、築年数が20年を超えていると、建物の価格はゼロに近いといわれます。当然、このような物件は安いので、「建物自体を購入する」というより、「土地を購入する」と考えた方が良いでしょう。

 

中古と言っても、前に住居していた人が綺麗に住宅を使用していれば、家の古さがいい雰囲気になりますし、エアコンなどの設備が整っている、庭園の樹木が管理されているなど、価格以外にもメリットがあります。いい物件が見つかり、すぐに入居することができるのも、中古住宅のメリットと言えます。

 

中古物件を選ぶ際には、新築住宅では計算しなくても良い「リフォーム」もついての知識が必要です。どの部分のリフォームが必要なのかなどは、実際に物件を見て確かめることが必要です。中古住宅と言っても、リフォームをすることで、新築住宅同様の住まいにもできます。

 

中古物件は、内装が汚れていたり、衰えていたりするのは当然です。ですが、構造部分や柱などがしっかりしていれば、見える部分だけをリフォームすることで、新築住宅同様に戻せるのです。それを楽しむのも人それぞれです。中古住宅は、安値で購入することができますが、リフォームなどの維持費やそのためのローンなどは、前もって計画することが大切です。

 

 

 

↓↓↓ とりあえず資料を取り寄せてみる! ↓↓↓

 

http://lp.mochiie.com/promo/