住宅展示会からマイホーム 〜 家を建てるなら

MENU

住宅展示会からマイホーム

 

マイホームを建てたいというときは、最初から不動産屋に飛び込んでみるのも一つの方法ですが、大手ハウスメーカーが主催する住宅展示会を見学するのも良いでしょう。住宅展示会は、幅広い地域で開催されています。

 

住宅展示会へ行くと、どのような情報が得られるのでしょうか。まず、色々なハウスメーカーを短時間かつ小規模に比較できます。実際に家の中に入り、玄関からキッチン・ダイニング等の間取りまですべて見ることができます。

 

生活用品なども実際に暮らしているように置いてあるし、子供部屋なども可愛くディスプレイされていたりと、見ているだけで夢が膨らみ、自分の生活も想像しやすくしてくれます。

 

また、営業スタッフがいつもおり、構造や土台など、自社がどこに力を入れているかなどを、わかりやすく教えてくれます。見えない部分、つまり構造や耐震性、耐火性などにに力を入れているハウスメーカーも多いので、耳を傾けてみましょう。

 

住宅展示会は、あくまでも展示品です。展示会に置いてあるような家を建てるとなると、当然かなりの資金が必要であることも知っておきましょう。モデルハウスの間取りには、お客様と相談するためにダイニングを一般の住宅より広く作っていることがほとんどです。椅子やテーブルなども豪華で、大きな物を使っています。ほとんどのモデルハウスは、二世帯住宅を仮定して、建てられていると考えてもよいでしょう。

 

ハウスメーカーの顔=モデルハウスです。ですから、デザインや耐久性などは、ハウスメーカーが「売りたい」部分を前面に押し出しています。ですから、営業マンは「この人は買ってくれそう」という人にしつこく営業をしてくることも考えられます。住宅展示会は、マイホームを建てる際の情報収集として利用するようにしましょう。資金を省みず、無理に契約などをしないように気をつけましょう。

 

 

 

↓↓↓ とりあえず資料を取り寄せてみる! ↓↓↓

 

http://lp.mochiie.com/promo/