マイホームと営業マン

 

 

マイホーム購入には、営業マンが付き物です。マイホームづくりは営業マンの良し悪しに左右されるといっても過言ではありません。

 

マイホームとは、一生において一番大きな買い物です。他人任せにしていては、マイホームづくりはうまくいきません。営業マンという最高のパートナーを自分たちの力で見つけて、最高のマイホームづくりを協力していけるとよいでしょう。

 

営業マンを見る前に、営業マンのいる会社自体の信頼度を確認しましょう。一番身近で足を運びやすいのは、住宅展示会です。展示場へは何度か足を運び、どのような住宅を建築している業者なのかをチェックしましょう。

 

どこを売りにしているのか、そのときの営業マンの対応などを他社と比較するなどして、細かく評価していきましょう。さらに気に入った会社があれば、その会社の経営状況、地域の評判なども調べるとよいでしょう。

 

マイホームのアフターサービスは整っているか、技術・設計・施行能力はどうなのか、なども調べる対象になります。信頼できる会社が決まったら、その中で営業マンを選んでいきましょう。営業マンと話をしていくうちに、その営業マン本人の態度や知識が見えてきます。チェックする項目としては、以下のことに気をつけてください。

 

・設備や建材の知識がない。
・住宅構造を知らない。
・間取りのプランが立てられない。
・資金計画が立てられない。
・税金や金融知識がない。
・口先だけが達者。
・時間にルーズ。
・約束を守らない。

 

本当にこんな営業マンがいるの?って笑われる方がいるかもしれませんが、実際にいます。こういう営業マン。新人なら行動力でカバーできる部分もありますが、年配の営業マンは口先だけで逃げられてしまうケースが多いです。

 

ですので、以上のような営業マンは、自分の家作りを任せるだけの資格はないと判断してください。信頼が置けないと思ったら、営業担当を変えてもらっても結構です。それ以前に、そのような営業マンを置いている会社自体にも、あまり信頼はおけません。よく吟味して選択しましょう。

 

マイホームは、人生で一番高い買い物です。また、マイホームづくりにはハウスメーカーや営業マンは不可欠です。ハウスメーカーのモデルルームへ足を運んだ際には、必ずアンケートをとられるでしょう。そこでは、住所や氏名・電話番号などを記載する必要があります。

 

ハウスメーカーに住所氏名などを知られると、当然のごとく、パンフレットを送ってきたり、電話や訪問があったりします。訪問してくるのは、毎回同じ営業マンです。実は、アンケートに記載された顧客リストは営業マンに振り分けされ、営業マンの成績を上げるために追客が開始されるのです。

 

ですから、うまく口車に乗らないためにも、モデルルームを見学し気乗りがしなければ、アンケートは記載しない方が無難でしょう。かといって『俺は客だ!』のごとく、偉そうに展示場を見て回るのはやめましょう!あなたはまだお客さんでは無いのです。展示場を見させて頂いている『検討してる人』なのですから。

 

信頼できそうな営業マンを探しましょう!

 

マイホームづくりに納得がいくかいかないかは、いい営業マンとの出会いがあるかないかでも決まります。マイホームづくりは、「誰かに頼むもの」ではありません。あくまで、自分の家なのですから、自分たちの納得いく営業活動・家作りに尽力してくれる営業マンの出会いが、とても重要なのです。営業マンも、自分で選び出すという気持ちが、マイホームづくり成功の第一歩です。

 

マイホームづくりは、信頼できるパートナーにしか任せることはできません。営業マンの良否でマイホームの質も左右される、と言っても過言ではありません。マイホームをより良いものにするためにも、営業マンの態度に納得が行かなければ、思い切って変えてもらうなどの勇気も必要です。

 

 

 

↓↓↓ とりあえず資料を取り寄せてみる! ↓↓↓